banner

投資と起業

投資を兼ねた起業を行う方法について

投資を兼ねた起業を行う方法があります。代表的なものとしてはマンションやアパートなどに投資を行って、買い取りをしてオーナーになるという方法があります。現在では一般的なサラリーマンを対象として、マンションなどの物件を1室単位で売却することも行われています。購入した方は物件のオーナーとなるために、賃貸物件として貸し出すことによって一定の収益を確保することが可能になります。しかし、この状態では起業とは言えない部分があるために、将来的には本格的に不動産業に着手することもおすすめになります。その方法としては、所有する物件を増やしていくことも良い方法にはなりますが、数多く存在しているマンションやアパートなどの物件を管理することを目的として起業することもおすすめです。
そのためには各物件のオーナーと折衝することが求められており、管理物件を増やしていくことによって、管理費を徴収することができ、自己所有物件ではなくても一定の利益を確保することが可能になります。また、不動産業で起業する場合では、後に店舗を所有することもおすすめになります。店舗を有している場合では、数々の賃貸物件を広く紹介することが可能になるために、いわゆる仲介手数料というものを得ることが可能になります。また、管理できる物件が増えた場合では、リフォームや修理主膳などの知識も必要になりますが、定期的に巡回業務を行うことも必要になるケースも多く、社員を増やしていくことも必要になります。管理業務としては一般的には共用部分の清掃作業や、不具合の解消などを目的としていて、大規模改修やリノベーションなどを必要としている物件がある場合では、専門業者に委託することもおすすめになります。さらに、不動産業を手掛けていると、後にオーナーが手放したい物件を紹介するという場面も珍しくありません。そのため、気に入った物件を見つけた場合では、購入することによって自社物件を増やしていき、後に大きな収益を見込むことも不可能ではありません。

Copyright(c) 2014 起業するときに知っておきべきポイントまとめ All Rights Reserved.